女性

医療事務の通信講座で学んでいける~モクモク目標実現術~

知識を生かして薬局で働く

薬剤師

調剤事務は、調剤薬局における事務全般を取り仕切る仕事です。薬の調合そのものには関わりませんが、レセプトの作成等に際して薬剤に関する専門知識が必要になります。現在では通信講座等を通じて知識を身につける機会が設けられています。

通信の勉強には工夫が大事

勉強

通信教育は、勉強の仕方が大事になってきます。社会人の方なら、あえて時間を作って勉強するぐらいの意識が必要です。その際、通勤や通学などの時間を勉強にあてることが大事です。そして、ただ勉強するだけだと飽きるので、パソコンを使ったり音読したりと、いろいろな勉強法を試してみることが必要です。

利用している人が沢山いる

オンナノヒト

医療事務関係の求人が増えていることもあって、医療事務の資格を取得して条件の良い会社に就職しようとする人が沢山います。今では充実した内容の通信講座を設けている資格の予備校が沢山あるので、それを利用して勉強している人が大勢います。

医療機関を陰で支える仕事

オンナ

女性の間で高い人気

近年、特に女性の間で人気の高まっている職種に医療事務があります。医療事務とは病院やクリニック等の医療機関に勤め、施設の運営に必要な事務全般を担当する仕事です。具体的には窓口における受付や会計、書類の整理、秘書業務などがあります。心身に不調や不安を抱えている人が多く訪れる場所での業務という特殊性から、特に接遇にはきめ細やかな対応が求められます。こうした点が女性向きの仕事であると考えられている理由の1つとなっています。また、医療事務が女性に適しているとされている理由はもう1つあります。それは、通信講座によって資格が取得できるということです。これは、日中の時間がなかなか自由に取れない主婦やOLにとって大変便利なシステムとなっています。

基礎は自宅で学習可能

医療事務に必要な公的な資格というものは存在せず、基本的には誰にでもやれるチャンスがあります。ただ人気の高い職種だけに、多くの人が通信講座で学習し、民間の検定資格を取ってから求人に応募するというケースが目立ちます。通信講座で重点的に学ぶのは、レセプトに関する事務です。レセプトとは医療機関が診療報酬を請求する際に保険者に提出する書類で、治療の内容や使った薬剤を点数化して請求金額を算出します。通信講座では膨大な診療内容の一覧から該当する項目を素早く見つけ出すと同時に、請求金額を正しく計算する方法を学びます。病名や薬名などを暗記する必要はないので、難易度はそれほど高くありません。また検定試験も通信制によって自宅で受験することが可能です。